トゥーレーヌ・ルージュ・ガメイ 2015 /ピフォディエール

通常価格:¥ 3,278 税込

¥ 3,190 税込

商品コード:

数量

★赤ワイン★
ガメイ100%

タンニンが少なく、酸味が豊か。生産本数は僅か600本。
ガメイは、ボジョレーヌーヴォーで有名な品種。

粘土シレックス土壌、自然酵母。
8日間のセミ・マセラシオン・カルボニック、セメントタンクで6カ月発酵。

ワインを小難しい物にせず、楽しんで軽快にワイン造りをし、ワインを楽しんで飲んで欲しいという想いの込められたワイン。


*「セミ・マセラシオン・カルボニック」
→発酵時に発生するCO2のもを使用してマセラシオンを行い、CO2の注入は行わない。

発酵温度は自然に任せて温度調整しないため、30℃くらいまで上がる。

===================================
<ラ・ピフォディエール/LA PIFFAUDIERE>
WEBサイト(FACEBOOK)
https://www.facebook.com/Domaine-la-Piffaudière

フランスではどんな小さい村でも必ず一件はパン屋がある。

Olivier Bellanger(オリヴィエ・ベランジェ―ル)は、おじいちゃんも曾おじい ちゃんもヴィニョロンながら、生業を変えたかった父はパン屋となる。 父の作るバゲットやクロワッサンを試食しながら、客観的に味を表現す る、クオリティをジャッジする術を成長と同時に身に着けていく。

美味 しいパンを作る父の事業はどんどん拡大し、隣村の、さらにその隣のパ ン屋を買収していった。

ただ、ヴィニョロン DNAが濃かったのだろう オリヴィエは、2000年ブドウ栽培を学んだブロワの農業学校を卒業し、 将来的に独立することを念頭に置きながらシュヴェルニィーのフィリッ プ・テシエ、トゥレーヌのジョン・フランソワ・メリオーとフランソ ワ・プリオーの元で畑仕事をする。

2008年、約 7haある畑が売り出さ れる。
その界隈をよく知るオリヴィエは写真を見て、その区画がすぐわ かったという。
南東向きと北西向きのなだらかな斜面が向かい合うよう に連なる粘土石灰質の土壌だった。ほぼ即決で独立にいたる。

2009年が 初ヴィンテージ。初めの数年はかなりの割合のブドウを知り合いのドメ ーヌに売って生計を立てた。それまでは普通に耕されてきた畑だったが、 初年から有機栽培認可を申請しその規格に沿って栽培する。畑では、 70%が雹の被害を受けたり、収穫日を後押ししすぎて多くのカビが発生 したり、蔵では、揮発酸たっぷりのワインになってしまったり、酸化し てしまったり、最初の 5年間で経験すべき失敗は全てしたといっても過 言ではないと語るオリヴィエ、白、とりわけソーヴィニョン・ブランにおいて信条とするのは、熟したブドウから作 られるキリリとした酸味をもつワイン。

赤は知的になりすぎない愉快なワイン。オリヴィエの作るワインを見て、畑 を買わないかと持ち掛けてくる近隣地主もチラホラ出てくるようになり、今日 10ha強を有するに至る。ドメーヌ名 Piffaudiereは区画名に由来する。

===================================